起立性調節障害にオススメの食事

起立性調節障害にオススメの食事(ひじきと豆腐のあんかけハンバーグ)

この記事の監修者

川久景子

料理研究家 川久 景子

保有資格:上級食育アドバイザー・食品衛生責任者

一般社団法人 起立性調節障害改善協会

起立性調節障害の栄養療法では、「タンパク質」「ビタミン類」「鉄分」を多く摂取することが推奨されています。

今回は、上記の栄養素を効率よく摂取することができ、「食欲がないときでも食べやすい料理」のレシピをご紹介します。

◆ひじきと豆腐のあんかけハンバーグ

材料(1人分)

ひじきと豆腐のあんかけハンバーグ2

  • 鶏ひき肉:100個
  • 木綿豆腐:150個
  • 乾燥ひじき:2g
  • チーズ:20g
  • まいたけ:1/2株
  • サラダ油:大さじ1/2
  • おろししょうが:5g(A)
  • 卵:1/2個(A)
  • 塩:ひとつまみ(A)
  • こしょう:少々(A)
  • 片栗粉:大さじ1(A)
  • しょうゆ:大さじ1/2(B)
  • みりん:大さじ1/2(B)
  • だし汁:120ml(B)
  • 水溶き片栗粉:小さじ1(B)

作り方

①ひじきはたっぷりの水に浸して戻す。まいたけはほぐしておく。

まいたけ・豆腐・ひじき

 

②大きめのボウルに豆腐、ひき肉を入れ、粘りが出るまでこねる。

まいたけ・豆腐・ひじきをこねる

 

③水けをきったひじき、(A)を入れてよく練り混ぜる。

④丸めたチーズを包み、楕円形に整える。

まいたけ・豆腐・ひじきをこねる2

 

⑤フライパンにサラダ油を熱し、生地を両面焼き、器に盛りつける。

ひじきと豆腐ハンバーグを焼く

 

⑥フライパンでまいたけを炒めて、(B)を加えます。しばらく煮立て、とろみがついたらハンバーグにまわしかける。

まいたけを炒める

ひじきと豆腐のあんかけハンバーグ1

料理研究家 川久 景子

ハンバーグの中に「たんぱく質」「鉄分」、まいたけの和風あんかけに「ビタミン類」が豊富に入っています。

食欲がないときにピッタリの料理です。

 

 

<参考記事>
・起立性調節障害に効果的な食べ物(栄養素)とは?1日の摂取量や控えたい食べ物を解説
・【自宅でできる栄養療法】起立性調節障害にオススメの食べ物などを紹介

トトノエライト
起立性調節障害 親の会 Web版

関連記事:起立性調節障害とは

・起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

・起立性調節障害の方の体験談

・起立性調節障害が治った人の声

・起立性調節障害における「光療法」効果や仕組みを解説

・起立性調節障害の原因は?発症期間や発症しやすい人の特徴

・起立性調節障害の症状を小中高生別に解説|重症・中等症・軽症の事例

・起立性調節障害患者の血圧数値はどれくらい?測定方法なども紹介

・起立性調節障害 6つの種類とその特徴【医師解説】

・起立性調節障害 重症での入院基準は?入院中の治療や期間を紹介

・起立性調節障害の子供はどうして遊びには行けるの?

・起立性調節障害はいつまで続くの?治療期間とは

・起立性調節障害は治る病気?それとも治らない?

・起立性調節障害に効果的な薬はある?その種類や薬物療法について解説

・起立性調節障害が「難病指定」されない理由|今後指定される可能性について解説

・季節や気圧によって起立性調節障害の症状が悪化|対応方法や原因を解説

・小学生でも起立性調節障害になる?原因や主な症状とは

・中学生の起立性調節障害。原因・症状・生活への影響・うつ病との違いとは

・高校生の起立性調節障害。原因・症状・うつ病との違いとは

・起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

・大人の起立性調節障害セルフチェック項目|診断テスト

・大人の起立性調節障害について

・全記事の一覧

関連記事:子どもへの対応

キーワードから探す

-起立性調節障害にオススメの食事