起立性調節障害とは

起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

2023年9月2日

この記事の監修者

医師 錦惠那

医師 錦 惠那

内科一般・腎臓内科・透析科・産業医
保有資格:日本内科学会内科専門医・日本医師会認定産業医
2018年から起立性調節障害患者の診療を行い、累計30人以上の起立性調節障害患者を担当。

一般社団法人 起立性調節障害改善協会

自分の子どもが「起立性調節障害かどうかセルフチェックしたい」「病院を受診すべきか迷っている」とお考えではありませんか?

起立性調節障害は、朝起きるのがつらい、立ち上がったときに気分が悪くなる、などの症状があります。ただの怠けだと勘違いされやすいですが、これらの症状に悩まされているようでしたら起立性調節障害かもしれません。

ここでは起立性調節障害のセルフチェックリストを紹介していますので、いくつ当てはまるのかを考えてみてください。また、重症化した場合のリスクについても紹介していきます。

◆関連記事:起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

https://odod.or.jp/kiritsusei-toha/od-437/
起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

起立性調節障害のセルフチェック項目

以下が起立性調節障害のチェックリストです。

3つ以上もしくは強い症状が2つ以上当てはまり、ほかの病気が見られないときは起立性調節障害の可能性があります。

  • 立ちくらみやめまいを起こしやすい
  • 朝なかなか起きられない(午前中は調子が悪い)
  • 立ち上がったときに、気持ちが悪くなったり気を失ったりする
  • 少し動いただけで動悸・息切れがする
  • 入浴時や、嫌なことを見聞きしたときに気持ちが悪くなる
  • 食欲不振がある
  • 倦怠感がある、もしくは疲れやすい
  • 頭痛がある
  • 顔色が青白い
  • ときどき腹痛を訴えている
  • 乗り物酔いしやすい

小学校高学年から高校生くらいまでの子どもによく見られる病気ですが、場合によっては大人でも発症します。症状としては、朝起きられずよく会社に遅刻してしまったり、午前中に集中できなかったりといったものです。

チェックリストの項目に当てはまった方は、下記記事で起立性調節障害の治し方を紹介していますので、ぜひ参考にされてください。

関連記事:起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

https://odod.or.jp/kiritsusei-toha/od-437/
【関連記事】起立性調節障害とは?

起立性調節障害が悪化するとどんなリスクが?

起立性調節障害が悪化するとどんなリスクが?

起立性調節障害が悪化もしくは重症化すると自律神経の循環調節が障害を受けて、とくに脳や上半身への血流低下が起こります。

その結果、午前中だけだった症状が一日中続いたり、起き上がれなくなったりと、日常生活を送ることさえ難しくなってしまいます。長期的な不登校やひきこもりという状態になり、学校生活や社会復帰に大きな影響を与えてしまうのです。

気になる症状が出た場合は早めに病院を受診し、適切な治療や環境調整を行うことが重要です。

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック
【関連記事】起立性調節障害とは?

よくある質問

起立性調節障害の初期症状はありますか?

小児心身症学会ガイドラインでは起立性調節障害の症状を11項目あげております。上記でご紹介しておりますので、ご確認ください。

関連記事:起立性調節障害の症状を小中高生別に解説|重症・中等症・軽症の事例

https://odod.or.jp/kiritsusei-tohaod-3887/

診断の手順はどのような流れですか?

症状の問診により、セルフチェックの項目を確認し起立性調節障害が疑われる場合、まず、起立性調節障害の背景に貧血、心臓・神経・脳の病気、甲状腺などの内分泌の病気など、別の病気が隠れていないか、除外することが必須です。

必要に応じて、血液検査、レントゲン検査、心電図などを行い、これらの疾患ではないか判断します。その上で、起立に伴う血圧や脈拍の変動の有無を確認するために検査(新起立試験)を行います。

新起立試験では、仰向けにベッドに10分間横になり、その間に3回程度血圧、脈拍を測定し、起立後にも数回血圧、脈拍を測定します。

それによりサブタイプや重症度を判定することができます。最後に、質問票を使用し、心理的な要因の関与を判断します。

下記記事では「起立性調節障害の子供に対して親御さんができること」をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、お近くに医療機関がない場合、病院に行っても改善が見られない場合は
起床時は明るく、就寝時は暗くする光環境と
乳酸菌で腸内環境を整えていく方法があります。
これらには副作用がなく自宅で取り組めます。

https://odod.or.jp/kiritsusei-toha/od-437/

起立性調節障害改善協会の無料冊子(PDF)がおすすめ

この冊子は起立性調節障害についてお子様から大人までわかりやすく正しい情報を提供するために作成しました。

私たちはこの冊子を通じて、あなたやご家族が日々の生活の中で起立性調節障害改善に向けた
役立つ情報や、興味深い知識を提供することを目的としています。

この冊子のダウンロードは完全に無料で、メールアドレス登録後にスマホやパソコンから簡単にアクセスできます。

私たちは、あなたがこの冊子を読むことで、より良い生活に繋がる情報を提供することを望んでいます。

無料冊子をダウンロードして、あなたやご家族が起立性調節障害から解放される情報を手に入れましょう。

「睡眠リズム改善ガイドブック」を無料で読んでみる

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック
【関連記事】起立性調節障害とは?

【参考】
日本小児心身医学会 起立性調節障害(OD)

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

トトノエライトプレーン

関連記事:起立性調節障害とは

・起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

・起立性調節障害の方の体験談

・起立性調節障害が治った人の声

・起立性調節障害における「光療法」効果や仕組みを解説

・起立性調節障害の原因は?発症期間や発症しやすい人の特徴

・起立性調節障害の症状を小中高生別に解説|重症・中等症・軽症の事例

・起立性調節障害患者の血圧数値はどれくらい?測定方法なども紹介

・起立性調節障害 6つの種類とその特徴【医師解説】

・起立性調節障害 重症での入院基準は?入院中の治療や期間を紹介

・起立性調節障害の子供はどうして遊びには行けるの?

・起立性調節障害はいつまで続くの?治療期間とは

・起立性調節障害は治る病気?それとも治らない?

・起立性調節障害に効果的な薬はある?その種類や薬物療法について解説

・起立性調節障害が「難病指定」されない理由|今後指定される可能性について解説

・季節や気圧によって起立性調節障害の症状が悪化|対応方法や原因を解説

・小学生でも起立性調節障害になる?原因や主な症状とは

・中学生の起立性調節障害。原因・症状・生活への影響・うつ病との違いとは

・高校生の起立性調節障害。原因・症状・うつ病との違いとは

・起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

・大人の起立性調節障害セルフチェック項目|診断テスト

・大人の起立性調節障害について

・全記事の一覧

関連記事:子どもへの対応

起立性調節障害に対応している病院紹介
本コンテンツは一般社団法人 起立性調節障害改善協会が独自に制作しています。メーカー等から商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。当協会では編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

-起立性調節障害とは
-