起立性調節障害(大人)

「大人の乗り物酔いが治らない」ときの原因や対策・治療法を解説

この記事の監修者

医師 錦惠那

医師 錦 惠那

内科一般・腎臓内科・透析科・産業医
保有資格:日本内科学会内科専門医・日本医師会認定産業医

 

「大人の乗り物酔いが治らない」ときの原因や対策・治療法を解説

ドライブやクルージングなど楽しいはずの時間も乗り物酔いがあると非常に辛く苦痛な時間になってしまいます。

体調によっても乗り物酔いの症状がひどくなることもあり、このような経験をされたことがある方も多いと思います。

基本的に乗り物酔いは平衡感覚をつかさどる耳が非常に関係しており、自律神経によって調整されています。

本記事では、乗り物酔いのメカニズム、改善しない場合に考えるべき病気や治療方法について解説していきます。

「大人の乗り物酔い」が治らない原因

まずは、乗り物酔いが起こるメカニズムについて解説していきます。

人体で平衡感覚をつかさどる部位は“耳”にあります。内耳には前庭という部位と三半規管があります。体の傾きを感知するのが前庭、体の回転を感知するのが三半規管です。前庭内には感覚細胞があり、その上に耳石が乗っています。

体が傾くと、耳石が動くことで体が傾いたと感知します。体が回転した場合、三半規管の中にあるリンパ液が動くことで感覚細胞が体の回転を感知します。前庭及び三半規管で感知した興奮が脳に伝わり、平衡感覚が生じます。

電車やバスなど乗り物に乗った際には、三半規管内のリンパ液が乗り物の振動により常に動いている状態になり、三半規管は興奮状態になってしまいます。

また、視覚や聴覚から得られる“乗り物が動いている”という情報と、筋肉から得られる“座っている”という情報にズレが生じるため、脳がストレスと感じることで自律神経系に異常をきたし、胃の不快感や吐き気、あくびなど、いわゆる乗り物酔いの症状を来します。

体調によっても症状は変化しますし、食べすぎの状態、空腹の状態、スマホの操作や読書、乗り物の速度や乗り物内の環境によっても症状が出現します。心理的な要因も影響しており、不安や恐怖心あると症状出現につながります。

繰り返すめまいはただの乗り物酔いではない可能性もあります。乗り物酔いがひどい場合、病気の可能性があるのか、どのような病気が考えられるのか、について解説していきます。

「大人の乗り物酔いが治らない」ときに考えられる病気

乗り物酔いが治らない時に考えられる病気について解説していきます。

乗り物酔いのようなフワフワとしためまいなどの症状は耳、脳、血管の病気の可能性があります。

【耳鼻科領域】

<メニエール病>

内耳にリンパ液が溜まる( “内リンパ水腫” )ことでめまいや耳鳴り、嘔吐などが見られます。リンパが溜まる原因ははっきりしていませんが、免疫の問題や血流の問題が指摘されています。

ストレスや疲れがたまったときに再発を繰り返しやすいため、自律神経のバランスの乱れも何らかの関係があるとも言われています。

<良性発作性頭位めまい症(BPPV)>

内耳の前庭にある耳石が三半規管に紛れ込むために、寝返りをうつ、起き上るなど頭の位置が変わった際に回転性のめまいが見られます。特殊なメガネを使った目の動き(眼振)の確認や難聴がないことなどを確認し診断されます。

<内耳炎>

平衡感覚をつかさどる内耳に細菌やウイルスが感染し、炎症が起こることで聞えづらさや耳鳴り、耳閉感などが見られます。一般的には脳や中耳など近隣の臓器、器官の炎症が内耳に波及することが原因です。

【脳外科、脳神経科領域】

<一過性脳虚血発作>

一時的に脳の血管が詰まり、突然のめまいや目の前が暗くなるなど多様な症状を来します。症状は詰まる血管によって異なり、上肢や下肢のしびれや麻痺、呂律が回りにくいなど様々です。

糖尿病や高血圧、脂質異常症による動脈硬化を背景として起こることが多く、動脈硬化、血栓の一部が飛んで詰まることが主因ですが、もともと血管の狭窄がある場合、一時的な血圧低下によっても脳血流が低下し症状が出現します。

<脳梗塞・脳出血>

高血圧、脂質異常症、糖尿病を背景として脳の血管につまりが生じることで脳の虚血が起こる脳梗塞、血管が破綻することで起こる脳出血はともにめまいや上下肢のしびれ・麻痺、呂律が回らないなど多様な症状を来します。

脳の中でも特に小脳に梗塞や出血が起こると強いめまいが出現することが多いです。小脳は体幹や四肢のバランスをつかさどっているため、小脳の異変はめまいにつながりやすいです。

【血管・循環器科領域】

<低血圧>

血圧が低いことで、全身の血のめぐりが悪くなり、脳への血流が低下することでふらつきやめまい、頭痛や体のだるさなどが見られます。生まれつき血圧が低い、睡眠不足、筋肉量の不足などが原因として考えられます。

「大人の乗り物酔い」の治療法

市販の酔い止めを試すことは選択肢の一つです。眠気につながることも多い点は注意が必要です。

乗り物に乗る前の体調管理も重要です。空腹や食事をした直後、満腹は避け、乗り物の中では過剰な読書やスマホ操作も控えることが重要です。

上記でご紹介した病気の治療方法について解説していきます。

<メニエール病>

発作が強い時期には抗不安薬や抗めまい薬、吐き気止めなどを使用します。発作が治まり、症状の改善が乏しい場合は、ステロイドを使用する場合もあります。症状が改善しても予防が重要です。

ストレスが原因で症状が悪化するため、生活習慣を整え、ストレスを溜めないように心がけることが必要になります。

<良性発作性頭位めまい症(BPPV)>

めまいを改善させる効果のある抗めまい薬を使用することと、理学療法が特に重要です。めまいへの恐怖や不安で安静にしがちですが、目と頭を動かす訓練・体操をすることで治りが早くなります。

エプリー(Epley)法という方法がよく使用されていますが、受診時に冊子をもらえることが多いため参考にしてみてください。

<内耳炎>

脳や中耳など近隣の臓器、器官の炎症が内耳に波及することで内耳炎になることが多く、原因となっている感染症を治療する必要があります。

細菌が原因であれば抗生物質で治療を行いますが、ウイルスが原因であれば特に治療を行わず対症療法を行います。

<一過性脳虚血発作>

血栓が詰まることが原因であるため、血液がサラサラになる抗血小板薬や抗凝固薬を使用することが多いです。

また、背景に糖尿病や高血圧、脂質異常症など動脈硬化を来す疾患があることが多く、それらに対する適切な治療が必要です。

<脳梗塞・脳出血>

脳梗塞の場合、発症からの時間が必要に重要です。発症から間もない場合、血圧や血糖、出血傾向などの状態を調べた上でt-PAという血栓溶解療法の適応があります。

発症から時間が経っている場合や、発症時間が不明の場合は抗凝固薬の治療から始めます。脳出血の場合、血圧の管理が非常に重要になります。

<低血圧>

体内の塩分と水分は血圧の維持に密接に関連しており、適量の塩分と水分の摂取を心がけましょう。特に持病がない場合の塩分摂取量の目安は、1日あたり成人男性で7.5g未満、成人女性で6.5g未満とされています。

しかし、高血圧や心臓病、腎臓病がある場合は6g/日未満の減塩が必要であることが多く、主治医と相談するようにしてください。

もしかしたら起立性調節障害かも

上記でご説明しました通り、乗り物酔いには自律神経系が関与しています。めまいやふらつき、失神、気分不良、腹痛、頭痛など多様な症状が見られている場合、朝起き上がることが困難な場合は起立性調節障害の可能性があります。

起立性調節障害は自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることでめまいや立ちくらみ、倦怠感、頭痛、腹痛など実に様々な症状が見られる病気です。自律神経とストレスの関連性は高く、ストレスにより症状が悪化しやすいです。

下記記事では起立性調節障害の可能性がないかセルフチェックをすることができます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

◆大人の起立性調節障害に関する他の記事はこちら

 

【参考】
田中大介 監修『起立性調節障害(OD)朝起きられない子どもの病気がわかる本』 講談社
日本小児心身医学会 起立性調節障害(OD)

relaxingtea
トトノエライト
オープンチャットへの案内
協会推奨商品

関連記事

キーワードから探す

-起立性調節障害(大人)