起立性調節障害とは

不眠症の症状とは?チェック方法やうつ病との関連性を解説

2023年9月3日

この記事の監修者

医師 錦惠那

医師 錦 惠那

内科一般・腎臓内科・透析科・産業医
保有資格:日本内科学会内科専門医・日本医師会認定産業医
2018年から起立性調節障害患者の診療を行い、累計30人以上の起立性調節障害患者を担当。

一般社団法人 起立性調節障害改善協会

 

眠れないと思ったことは誰にでもあるのではないでしょうか?

時々眠れない程度であれば日常生活に支障を来すことはそれ程ありませんが、眠れないことが継続すると、職場でのミスや授業中に集中できないなど日常生活に支障を来しかねません。

本記事では、不眠症の症状を中心に、不眠症の原因や治し方などについても解説していきます。

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

不眠症の症状

不眠症とは、眠るために寝床に入ってもなかなか眠れない状態です。

寝付くまでに時間がかかったり、夜間睡眠中に目が覚めたり、眠りが浅く熟眠感がないなど良質な睡眠が得られない状態が長く続くと、日中の眠気や身体のだるさ、頭痛など様々な症状を引き起こします。

この状態が長く続くと、気分がはれない、イライラするなど精神的にも影響を与えてしまいます。不眠症で見られる身体的、精神的な症状は以下のものが挙げられます。

  • 倦怠感、疲れやすさ
  • 日中の眠気
  • 頭痛
  • めまいや吐き気
  • 集中力、注意力の低下
  • イライラする
  • 憂うつな気分

症状①:倦怠感

<主な症状>
睡眠中に身体の疲労が回復するため、不眠が続いた場合疲れがとれず倦怠感が見られます。

<対処法>
不眠症以外にも、貧血などでも倦怠感は見られます。しっかり栄養を摂取し、リラックスする時間を作り身体を休める時間を作りましょう。

症状②:集中力の低下

<主な症状>
日中の家事や仕事、学業に集中できない、ケアレスミスが増えるなどの症状です。
これらの症状に加えて、大事な会議中に居眠りしてしまう、運転中に居眠りしてしまう、などの症状が見られている場合、注意が必要です。

<対処法>
睡眠中のいびきが強く、呼吸が止まっていることを指摘されたことはありませんか。
不眠症を来す病気が隠れている可能性も考えられますので、一度医療機関を受診することを検討してみてください。

症状③:憂うつな気分

<主な症状>
不眠が長く続くと気分に変化が見られることが考えられます。
憂うつな気分以外にも、イライラしやすい、やる気がでない、何事も楽しめないなど気分の変動が見られます。

<対処法>
十分な休養が必要です。重要な決断は先回しにして、焦って決断しないようにしましょう。
気分の変動が継続してみられている場合はメンタルクリニックや心療内科を受診することも検討してください。

関連記事:【医師解説】不眠症におすすめのアロマを5選-睡眠効果の有無や寝る時の使い方を紹介

関連記事:不眠症を自力で治す6つの方法|自力で治せる状態や治せない状態も紹介

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

不眠症とうつ病の関係性

不眠症とうつ病は互いに関連が強い病気と言えます。まずは、うつ病について解説していきます。

はっきりとした原因はわかっていませんが、精神的・身体的ストレスなどを背景に、脳の働きに何らかの不調が起きることでうつ病が発症するとされています。

症状としては、気分の落ち込み、何事にも興味が持てない、不安、食欲低下、疲れやすい、頭が重い・頭痛、首や肩のこり、そして眠れないなどがあります。

睡眠中に記憶や身体の代謝の調整などが行われるため、眠れないことでそれらの調整が行えずうつ病の症状がさらにひどくなります。

今までうつ病になったことがない患者のうち、4割の患者でうつ症状よりも前に不眠の症状が現れていたという報告があります。したがって、うつ病と不眠症は非常に深い関係にあることがわかると思います。

体調以外にも、メンタル不調が見られている場合、休養し早期に専門家に相談することが重要です。

関連記事:うつ病の人がとる行動|仕事・学校・家庭・恋愛別に医師が解説

不眠症のセルフチェック

以下の症状に当てはまるものがある場合、不眠症の可能性があります。いくつ当てはまるか、ご自身の症状に当てはめてみてください。

  • ベットに入ってから寝付くまでに時間がかかる
  • 睡眠中に何度も目が覚めてしまう
  • 朝方早く目が覚めて、以降はなかなか眠れない(二度寝ができない)
  • 眠りが浅く、熟眠感がない
  • 日中の仕事や学業、家事などの作業に支障がある(疲労感がある、集中できない、よくミスをするなど)
  • 日中の気分に変化がある(やる気がでない、イライラする、眠れないことへの不安、ストレスなど)
  • 日中の強い眠気(会議中や運転中などに居眠りをしてしまうなど)

下記記事では、不眠症のセルフチェックについて詳細にご紹介していますので是非ご一読ください。

関連記事:不眠症のセルフチェック診断|うつ病など不眠症以外で考えられる病気も紹介

不眠症の原因

不眠症の原因

生活習慣の乱れや睡眠前の適切でない習慣など不眠症の原因は実に様々です。背景に疾患が隠れている場合もあり注意が必要です。

足の異常な感覚、悪夢を見る、睡眠中に暴れる、夕方前には眠くて寝てしまい夜中に起きるなど異常な睡眠サイクルなどが見られている場合は、病気の可能性が高いため早期に医療機関を受診することをおすすめします。

その他、生活習慣で不眠を来す原因になることとしては以下のことが考えられます。

  • 生活リズムの乱れ
  • 朝食を食べない、暴飲暴食など食習慣の乱れ
  • 睡眠前の食事摂取や飲酒、カフェイン摂取
  • 照明や温度など寝室の条件が不適切
  • 運動習慣の欠如
  • 日中の活動量が少ない
  • 睡眠前のスマートフォン操作
  • 疲れすぎている・ストレスが蓄積されている

関連記事:不眠症の原因を5つ解説-男女別の原因やストレスとの関連性を紹介

不眠症の治し方

不眠症の治し方

上記でもご説明した通り、生活習慣が乱れていると睡眠へも影響します。したがって、眠れない時には生活習慣の見直しがとても重要です。

具体的には、上記でご説明した項目に当てはまるものがあれば改善することをおすすめします。

厚生労働省により発表された「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、必要な睡眠時間は年齢によっても変動しますが、7時間程度は確保することが望ましいです。具体的な対象方法を下記にご紹介します。

  • 適切な睡眠時間を確保する
  • 寝室は暗くして、暑すぎない・寒すぎない適温に設定する
  • 朝食はしっかり摂取し、暴飲暴食は避け、睡眠前の食事は避ける(理想としては遅くとも睡眠の2時間前には夕食は済ませておく)
  • 睡眠前は入浴し、リラックス時間を作る
  • 日中の活動量を増やす、運動習慣をつける
  • 睡眠前のスマートフォン操作は厳禁
  • ストレス発散を心がける

不眠を来す病気がある場合、これらに注意した上で薬物療法が追加されることになります。

関連記事:不眠症に効果的な薬を解説|おすすめの市販薬や副作用も紹介

 

関連記事:不眠症におすすめの市販漢方薬-ツムラ・クラシエの口コミ紹介

 

関連記事:不眠症の治し方をツボ・食べ物・行動の観点から解説-突然治るのかも紹介

不眠症と思っていたら起立性調節障害の可能性もある

起立性調節障害という病気をご存知でしょうか。自律神経である交感神経と副交感神経の調整のバランスが崩れることで様々な症状がみられる病気ですが、この病気でも睡眠障害が合併していることが多いです。

典型的には、朝起き上がれない、午前中は頭痛やめまい、ふらつき、全身倦怠感などの様々な症状が見られ調子が悪く、午後にかけて次第に症状が改善します。

これは、本来起床時間に活性化する交感神経が遅れて活性化するために見られる症状です。一日の中で自律神経の動きにはパターンがあります。

起床時間に向けて朝方から身体を覚醒させる交感神経の働きが強くなります。午後には次第に交感神経の働きは弱まっていき、就寝に向けて身体を休ませる副交感神経の働きが優位になります。

起立性調節障害の場合は、朝に見られる交感神経の活性化が遅れることで午前中は体調不良が続き、午後には交感神経の活性が追い付き症状も改善します。

しかし、活性化が遅れた交感神経は本来副交感神経が活性化するはずの就寝時間になっても弱まることがないため、眠気がなく就寝時間が大幅に遅れるのです。

この病気は思春期によく見られる病気の一つですが、大人でも見られることがあり注意が必要です。眠れない以外にも、体調不良が続いている場合、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

下記の記事では、起立性調節障害のセルフチェックについて解説しておりますので、是非ご一読ください。

>>起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

 

>>大人の起立性調節障害セルフチェック項目|診断テスト

 

関連記事:不眠症が治ったきっかけ・治った体験談|大人から子どもまで6事例紹介

 

関連記事:不眠症は何科を受診すべき?内科でもいいのか解説|病院に行くタイミングも紹介

 

【参考文献】
日本小児心身医学会 起立性調節障害(OD)
厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針2014」

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

トトノエライトプレーン

関連記事:起立性調節障害とは

・起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

・起立性調節障害の方の体験談

・起立性調節障害が治った人の声

・起立性調節障害における「光療法」効果や仕組みを解説

・起立性調節障害の原因は?発症期間や発症しやすい人の特徴

・起立性調節障害の症状を小中高生別に解説|重症・中等症・軽症の事例

・起立性調節障害患者の血圧数値はどれくらい?測定方法なども紹介

・起立性調節障害 6つの種類とその特徴【医師解説】

・起立性調節障害 重症での入院基準は?入院中の治療や期間を紹介

・起立性調節障害の子供はどうして遊びには行けるの?

・起立性調節障害はいつまで続くの?治療期間とは

・起立性調節障害は治る病気?それとも治らない?

・起立性調節障害に効果的な薬はある?その種類や薬物療法について解説

・起立性調節障害が「難病指定」されない理由|今後指定される可能性について解説

・季節や気圧によって起立性調節障害の症状が悪化|対応方法や原因を解説

・小学生でも起立性調節障害になる?原因や主な症状とは

・中学生の起立性調節障害。原因・症状・生活への影響・うつ病との違いとは

・高校生の起立性調節障害。原因・症状・うつ病との違いとは

・起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

・大人の起立性調節障害セルフチェック項目|診断テスト

・大人の起立性調節障害について

・全記事の一覧

関連記事:子どもへの対応

起立性調節障害に対応している病院紹介
本コンテンツは一般社団法人 起立性調節障害改善協会が独自に制作しています。メーカー等から商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。当協会では編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

-起立性調節障害とは
-