起立性調節障害とは

起立性調節障害患者への生理食塩水による点滴の効果を解説

2023年6月3日

この記事の監修者

医師 錦惠那

医師 錦 惠那

内科一般・腎臓内科・透析科・産業医
保有資格:日本内科学会内科専門医・日本医師会認定産業医
2018年から起立性調節障害患者の診療を行い、累計30人以上の起立性調節障害患者を担当。

一般社団法人 起立性調節障害改善協会

特に朝の時間帯の体調不良が目立つ起立性調節障害ですが、主な原因は自律神経の調整の異常です。

自律神経の調整がうまくいかないために脳への血流が保てず、めまいや立ちくらみ、ひどい場合には失神にまで至ってしまいます。

血流を維持するために薬物治療が行われることがありますが、その他、別の治療方法として点滴治療についてこの記事では解説していきたいと思います。

関連記事:起立性調節障害の子供に親ができること・治し方・治った方の事例

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

起立性調節障害の治療で点滴をすることはある?

答えからお話すると、起立性調節障害の治療で点滴をすることは「あり」ます。

起立性調節障害は交感神経と副交感神経からなる自律神経の調整のバランスが乱れることで身体に様々な不調を来す病気です。

特に体勢が変化する際、起床時、起立時や長時間の立位時などでは体内の血流維持システムの調整が必要になるため症状が出現しやすくなります。起床時や起立時の体内の血流維持システムの調整についてお話します。

一般的に座っている時、血液は重力に従い下肢に溜りやすくなっています。この状態から何の調整もなく立ち上がると、心臓、脳への血流が不足し失神してしまいます。

しかし、実際には、急に立ち上がってもめまいが見られたり、失神することはありません。私たちの身体は自動的に心臓へ血液を戻し、脳への血流を維持するための調節システムが働いているのです。

立ち上がる時、下肢に溜った血液を心臓へ戻すために、交感神経が働き下肢血管の収縮や下肢の筋肉によるポンプ作用により、重力に逆らって血液を心臓へ戻し、脳への血流が低下しないようにしています。

何らかの原因で交感神経の作用が不足すると、立ち上がる際や立っている間に脳への血流が低下し、めまい、立ちくらみなどの症状が出現し、重症になると失神してしまいます。

交感神経が適切に働いていても血液量自体が不足している場合もやはり心臓や脳への血流を維持することができないため、点滴で補充することがあります。この際、一般的には、生理食塩水を使用することが多いです。

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

起立性調節障害で点滴が必要な状態

起床時や起立時に交感神経の作用が不足し、下肢の血管を収縮させることができず、下肢に溜った血液を心臓へ戻すことができないため、めまいや立ちくらみ、失神を来してしまう場合、点滴により相対的に血流量を補うことで症状の改善を期待します。

起立性調節障害には起立直後性低血圧、体位性頻脈症候群、神経調節性失神、遷延性起立性低血圧の4つのサブタイプがありますが、特に起立直後性低血圧に有効との報告があります。

症状増悪時に生理食塩水500㎖~1.5Lを30分~2時間以上かけ静脈内注射することにより、効果が即座に発現し、さらに数日間持続すると報告されています。

生理食塩水の点滴による効果

点滴にも多くの種類があります。Na(ナトリウム)やK(カリウム)、Cl(クロール)などの電解質や糖分など組成により使用する目的が異なります。

水分や栄養の補給を行う点滴治療ですが、大きな違いの一つとしては、点滴液をどの程度血管内に保持できるかというところです。その観点からみると、最も血管内の容量を増やすことができるのが生理食塩水です。

起立性調節障害で点滴治療を行う目的は相対的な血流量を増やすことにあるので、生理食塩水を使用することが一般的です。劇的な効果が見られることもあります。

起立性調節障害の治し方の詳細は下記の記事でご紹介していますので、是非一度お読みになってください。

【参考】
日本小児心身医学会 起立性調節障害(OD)

起立性調節障害(OD)改善ガイドブック

トトノエライトプレーン

関連記事:起立性調節障害とは

・起立性調節障害の子供に親ができること・治療法・治った方の事例

・起立性調節障害の方の体験談

・起立性調節障害が治った人の声

・起立性調節障害における「光療法」効果や仕組みを解説

・起立性調節障害の原因は?発症期間や発症しやすい人の特徴

・起立性調節障害の症状を小中高生別に解説|重症・中等症・軽症の事例

・起立性調節障害患者の血圧数値はどれくらい?測定方法なども紹介

・起立性調節障害 6つの種類とその特徴【医師解説】

・起立性調節障害 重症での入院基準は?入院中の治療や期間を紹介

・起立性調節障害の子供はどうして遊びには行けるの?

・起立性調節障害はいつまで続くの?治療期間とは

・起立性調節障害は治る病気?それとも治らない?

・起立性調節障害に効果的な薬はある?その種類や薬物療法について解説

・起立性調節障害が「難病指定」されない理由|今後指定される可能性について解説

・季節や気圧によって起立性調節障害の症状が悪化|対応方法や原因を解説

・小学生でも起立性調節障害になる?原因や主な症状とは

・中学生の起立性調節障害。原因・症状・生活への影響・うつ病との違いとは

・高校生の起立性調節障害。原因・症状・うつ病との違いとは

・起立性調節障害のセルフチェックリスト(子ども)|すぐにできる診断テスト

・大人の起立性調節障害セルフチェック項目|診断テスト

・大人の起立性調節障害について

・全記事の一覧

関連記事:子どもへの対応

起立性調節障害に対応している病院紹介
本コンテンツは一般社団法人 起立性調節障害改善協会が独自に制作しています。メーカー等から商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、メーカー等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。当協会では編集ポリシーに則って製品・サービスを紹介しており、企業等の意見を代弁するものではありません。当記事では正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。サイト内に表示している広告については、広告掲載ポリシーをご覧ください。当記事で記載している価格は全て税込み表記です。記事内容についてのご意見・誤字脱字のご指摘はお問い合わせフォームからお寄せください。

-起立性調節障害とは