起立性調節障害(子供)

高校生の子どもが起立性調節障害かも?セルフチェック項目・診断テストを解説

この記事の監修者

医師 星野綾美

医師 星野 綾美

五百山クリニック院長
内科
保有資格:医学博士(総合医療学)

 

高校生の子どもが起立性調節障害かも?セルフチェック項目・診断テストを解説

思春期の子供は精神的に不安定であり、様々なことに敏感でストレスを感じやすいです。特に中学校から高校に進学した場合は今までの日常から環境の変化が強くストレスを感じやすいタイミングです。

高校1年生になってから急に子供が朝起きれなくなった、起きてもだるそうで活力がない、午後にならないと動けない、そんな症状が出ていたら親御さんは要注意です。

起立性調節障害(OD)はまさにそのような症状が出現する疾患です。そして、起立性調節障害は立派な身体的疾患であり子供は決してサボりたくて朝起きないわけではないのです。

特に起立性調節障害のような症状がある子供に対して、初期に病気だと気付けずに叱責してしまうとストレスがかかりさらに症状が悪化してしまう可能性も少なくありません。

そこで今回は起立性調節障害を疑う症状を持つ高校生やその親御さんが早期に発見できるように、セルフチェックの方法やその後の対応方法についてわかりやすく説明していきます。

高校生の場合のセルフチェック項目

起立性調節障害は成長に伴う自律神経のアンバランスが原因です。起床時に働くべき交感神経がうまく働かないため脳血流が低下してしまい様々な症状が出現する病気です。

どんな症状が強く出るかは人によって様々で、寝不足や疲労時によく見られるような症状と似た症状が多いです。しかし、起立性調節障害の場合は休んでも症状が改善しない点で異なります。

自律神経のアンバランスは血液検査で分かるようなものではなく数値でも現れないため、子供の普段の体調をしっかり観察しておかないとその変化に気付くのが遅れてしまいます。

普段あまり気に留めないような症状でも改善せず長引くようなら、親御さんは「もしかして起立性調節障害かも?」と疑問を持てるように子供と関わっていく必要性があります。

では、具体的に親御さんはどのような症状を注意深く観察すべきなのか、セルフチェックできるように項目を挙げていきます。

  • 立ちくらみやめまいを起こしやすい
  • 立っていると気持ち悪くなり、場合によって失神する
  • 嫌なことを見聞きするだけで気持ち悪くなる
  • 朝なかなか起きれず起床ができないが午後になると回復する
  • 少し歩くだけで動悸や息切れが起こる
  • 顔色が青白い
  • 食欲不振
  • おへその周りに差し込むような痛みを時折訴える
  • 疲れやすい
  • 乗り物に酔いやすい
  • 頭痛を訴える

以上11項目のうち、3つ以上、あるいは2つ以上でも症状が強ければ起立性調節障害を疑います。

またこれらの症状は、天気や天候、気分に左右されやすいという特徴を持っています。特に暑い時期や気圧が低くなると副交感神経が優位になりやすく交感神経の機能が相対的に低下するため、症状が増悪する傾向にあります。

逆に寒い時期や高気圧、特別なイベントがあり気分が高揚している時には症状が出現しにくくなります。起立性調節障害の場合、調子が良くなった翌日にはまた不調になってしまうことも稀ではありません。

このように症状が変動しつつも長期的に改善しない点が起立性調節障害の症状の特徴と言えます。これらの症状が長引く場合には医療機関を受診をして、起立性調節障害なのかそれ以外の見過ごせない疾患なのかをしっかりと精査することが重要です。

特に高校1年生といえば思春期でナイーブな側面を持っています。親御さんの前であまり自分の状態を言語化して発信してくれない可能性もあります。親御さんはほどよい距離感を保ちつつも常に子供の様子を観察しておくことが、早期発見にはとても重要になります。

上記に該当する場合はどうしたらいいの?

高校生の子供を持つ親御さんがセルフチェックの結果、本格的に起立性調節障害を疑った場合には医療機関を早期に受診しましょう。起立性調節障害の子供は自然経過でも症状が改善していくことが多いですが、中には介入が遅くなったことで症状が悪化してしまい回復に時間を要する子供もいます。

早期に診断をつけて早い段階から適切な治療を行なっていくことが、起立性調節障害の悪化を防ぎ回復を促していくための大切なポイントとなります。

また、起立性調節障害には症状が類似する疾患が複数挙げられます。例えば貧血、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、うつ病などです。これらは医療機関で精査しなければ診断できません。

例えば貧血であれば、疲れやすい、顔色が青白い、立ちくらみやめまいを起こしやすいという3項目を満たしてしまいます。つまり上記で示したセルフチェック項目を満たしたとしても、起立性調節障害と決めつけることはできません。

もし仮に診断を誤って異なる治療が始まってしまえば、起立性調節障害の症状が増悪する可能性もあります。以上のことからも起立性調節障害を疑った場合早期に医療機関を受診することが重要です。

医療機関にもよりますが、一般的に小児科で診察する年齢の上限は中学3年生までとされています。よって高校1年生の子供であれば成人と同様の扱いになり小児科では対応してくれない可能性が高いです。

起立性調節障害を疑う場合、一体自分の子供を何科に受診させるのが良いのか分からず混乱してしまう親御さんも中にはいると思います。下記記事では、起立性調節障害を疑う高校生の子供が何科を受診すべきなのかについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

下記記事では「起立性調節障害の子供に対して親御さんができること」をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【参考】
田中大介 監修『起立性調節障害(OD)朝起きられない子どもの病気がわかる本』 講談社
日本小児心身医学会 起立性調節障害(OD)

トトノエライト なおくん

キーワードから探す

-起立性調節障害(子供)
-